fc2ブログ
SDなど球体関節人形を中心する手作りと旅行の暮らし
ドールと一緒に飛ぶ
2019-07-10 (水) | 編集 |
よく掲示板やフェースブックのグループで、
「ドールと一緒に飛行機で外国へ行くならどうすればいいですか」
という話題があります。
では、今度は自身の経験についてお話しましょうか。

先ずは、航空会社の公式サイトを開き、
手荷物に関するルールやご注意点について、よく確認しておいて、
大きさや重さなど規制が問題がなければ、
次は、ドールの梱包を考えましょう。

自分はドールを持ち、一般の航空会社と格安航空会社
両方乗ったことがあります。
そして機内持ち込み、預けたこともあり、
どちらでも問題がありませんでした。

自分のドール用キャリーバッグを紹介します。
14年前Custom House出品するキャリーバッグです。
いつもキャリーバッグに入れているものは
底にあるクッション、1つ、
ドールを包む小さめのケット、1枚、
普段はドールにヘッドマスクを付け、
ケットで包んで、ベルトをつけ、ファスナーを閉め、完成!
ドールの靴は気分により抜いたり、抜かなかったりすることがあり、
ハイヒールの場合は基本抜いておきます。
ウィッグも。長いウイッグならはずします。
このような包み方、この14年間は指折られたり、傷ついたりすることがないんです。

IMG_3228.jpg
(約15年前に買ったキャリーバッグです。最大2体のSD+2体の幼SDが入れます。)

次は自分の経験です。

経験1
一般のキャリーバッグ(持っているものは長さ65cm)で、
LUTS DELF x1、VOLKS SD x1、Custom House Petite x2を入れ、
一般空港のANAで日本へ。
機内まで持ち込み、座席上のもの入れに収納しました。
行き帰り両方とも問題なしでした!
重かったけど。(´pωq`)
ちなみに、自分の経験で
このCustom House出品のキャリーバッグが、
最大3分の1のドール2体、
そして6 分の1のドールを入れます。

経験2
ドールを全部解体して、金属のクッキーボックスに、
そしてスーツケースに入れ、預けます。
ANAで日本へ、行き帰り両方とも問題なしでした!
解体されたドールは行き先で組み立てました。
その時は日本へワーホリしに行きましたの。
新しい表情が欲しくて、出発の前に
メーク専門の方に頼んで、出発前に返してくれましたが、
組み立ての時間がないから、
パーツを全部クッキーボックスにいれ、日本に持ってしまいました。

DSCN1994.jpg
(解体された穆くんです)

DSCN1995.jpg
(穆くんをボックスに入れた)

経験3
ドール(Custom House Petite )を片付けて、タオルで包んで、
L字にリュックに座らせる。(リュックにまた他の荷物もありました)
一般航空会社のEVAでイギリスへ。
途中タイで乗り続く時、安全検査を受けても大丈夫でした。

経験4
ボークスのSDを一般のキャリーバッグ
(持っているものは長さ65cm)に、
また104Lのハードキャリー入れ、
格安航空会社のScootに乗り、桃園空港から関西空港へ。
行き道は大丈夫でしたが、
帰り道は保安検査員に呼び止められました。
保安検査員がキャリーバッグを開け、一本の金属の棒を出しました。
「これは何ですか」と聞かれました。
「お箸です」と答えました。
保安検査員が箸をチェックして、鋭い物ではないと確認した後、
箸を返却くれました。
どうしてキャリーバッグに一本の箸があるか。
それはドールのゴム調整や手首交換用の道具です。
どこに置けば分からないから、いつもキャリーバッグに置いています。
とりあえず、無事でした。

IMG_3230.jpg
(金属の箸です)

経験5
VOLKS SDGr  x2を段ボールのまま、
104Lのハードキャリー入れて、預けました。
一般航空会社のANAを利用、羽田空港から台湾の松山空港までです。
ハードキャリーパンパンになってしまいましたが、
安全面では特に問題がありませんでした。
家に着いて、ハードキャリーを開けると、
ドールの段ボールの角の部分は少し凹んでしまいましが、
納得できる範囲でした。

経験6
Custom House Petiteを麦わらに坐らせ、そのまま保安検査を受けました。
ANAで羽田空港から台湾までです。
その日は羽田空港のフォトスッポトで撮影して、
ちゃんと片付ける時間がなかったので、そのまま保安検査に進みました。

26lqxPe88RBOk2A5vbBWtE.jpg
(キャビンで撮った写真です)

各航空会社の手荷物に関するルールを読んでおいた方がいいです。
そして国によって、安全規制が異なり、
例えば、その金属の話ですが、
台湾(松山空港)から出発するときは大丈夫でしたが、
関西空港で呼び止られました。
出発する前にきちんと確認するのがポイント。
また保安検査を受ける際は必ず検査員の指示通りやり、冗談の話はやめること。

みなさんはドールを持ち海外へ旅行するため、どんな工夫をなさっていますか?

スポンサーサイト




コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する