fc2ブログ
SDなど球体関節人形を中心する手作りと旅行の暮らし
新しいシーンを作りました
2019-10-13 (日) | 編集 |
約12年前、友人に40センチのドールに対応できるドールハウスを
頂いたことをきっかけに、自らドール用の撮影ブースを作り始めました。
職人ではないので、基本的に年1軒や2軒を作っています。

DSC_3367.jpg

その時、身の回りにドール撮影用のブースが欲しい友人が結構いまして、
窓敷居付きのブースや両面撮影できるブース、二階建てのブースなど、
色んな提案をくれましたが、
素人の私が時間も能力も及ばないので、
皆の望みを叶えないと心配していたので、お断りしました。

DSC_3362.jpg

複雑な撮影ブースが作られないけど、
自分のペースで、作りたいものを作っています。

DSC_3369.jpg

そして、去年の春、
あるドールのオーナーが中国のBJD工房の写真を見せてくれ、
このようなブースがとても欲しいです」と言いました。

DSC_3392.jpg

じゃ、やってみようかと思って、
窓敷居付きのブースを作り始めました。

今年の夏まで、3軒の窓敷居付きのブースを作りましたが、
全て室内の景色でした。
ずっと前から結構室外景色のブースを作りたいですが、
なかなかいいアイディアがありませんでした。
2年前に1回「ホワイト夫人の花屋前」というブースを作りました。
室外の設定ですが、やはり、なんか足りない感じでした。

DSC_3390.jpg

今年はIKEAをぶらぶらする時、
でとても綺麗な緑のラグを見かけて、
ああ、これだ!
芝居として使えるものをやっと見つかりましたと思います。

DSC_3386.jpg

窓敷居の座を作るため、
私にとって、複雑な計算式が必要です。
穂波さんのお蔭で、数学が苦手の私を救いました。

DSC_3347.jpg

いつもと違い、今回のブースは逆さまに置くことが可能、
また表からも裏(一部の角度のみ)も撮影できます。
少しの工夫をしました。

DSC_3380.jpg

DSC_3371.jpg

規格は以下の通りです。

窓敷居付きのパネル 約高さ80cm×幅80cm
(窓の枠は約高さ42cm×幅42cm、座面から床の距離約15cm、
セルロイドはマスキングテープとブルタックで固定していますので、
お好みで外すことや他のシールを変更できます。)
もう1枚のパネル 約高さ80cm×幅50cm
(石柄の壁紙を張っています。)
ラグ 約奥行き90cm×幅90cm
(IKEA製、新品です。)
カーテン 約長さ65cm X 幅85cm
(撮影の日に使うものは製作者のシャツです。実物に準じてください。)
カーテンポール 約長さ50cm
造花の藤 1パック

以上7点

DSC_3344.jpg

この撮影ブースが好きなら、拍手やいいねボタンをお願いします。
スポンサーサイト




コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する